だいわ会について

ごあいさつ

 

いしかわ願寿ぬ森は平成8年4月、緑豊かな沖縄県うるま市の石川岳のふもとに開設された介護老人保健施設です。

静寂でゆったりとした自然に囲まれた立地を活かしながら保健・医療・福祉療機関と連携し、家庭を結ぶ中間施設として高齢者の方々の「在宅復帰」に向けた総合的な支援を行うことを第一の目標としています。

平成12年4月に発足した介護保険制度により、それまでの老人保健施設・デイケア・訪問看護事業に加え、新たに訪問介護や居宅介護支援事業が加わりました。規模や制度が変わっても高齢者の方々への温もりある介護を大切にし、ご家族や福祉・医療関係者の方々と手を携えて、地域における使命を果たしていきたいと願っています。

※「いしかわ願寿ぬ森」のネーミングは、豊かな石川岳の森林地帯に施設を開設にあたり市民から公募いただいた中から決まりました。「願寿」は文字どおり、豊かな老後を願うものであり、ウチナーグチ(沖縄方言)で、「健康・元気・頑丈」を意味する「ガンジュー」にちなんだものです。

運営理念

 

1.私たち医療法人だいわ会は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上を目指し支援します。また、家族や地域の人々や関係機関と連携し、安心した在宅生活が送れるよう総合的に援助します。

​2.利用者に満足いただける生活をお約束するために、職員は「感謝・尊厳・笑顔」を忘れずに、利用者とのふれあいを大切にしていきます。

3.ご家族・地域との交流に努め、在宅療養の要介護者を受け入れ、ご利用する方々のお役に立てるよう、地域における在宅ケア支援の拠点となる施設づくりを心掛けます。

4.良質のケアを提供するため、日進月歩の医療・保険・福祉の知識に対応できるよう、職員の学習・教育を重視します。

​5.ケアに携わる職員を「人財」と捉え、人財の確保・定着のため、利用者にとっても職員にとっても魅力ある職場づくりを目指します。

行動指針

 

1.笑顔あふれる温かいケアの支援を行います。

2.心は「形で表現」のとおり、言葉遣い・表情・声・動作・身だしなみに気をつけます。

3.元気な挨拶が飛び交う事業所づくりを目指します。

4.目配り・気配り・スキル向上で、「安心・安全・信頼」のサービスを行います。

5.「だいわ会」の名称の由来の一つ、大きな輪で「職員のチームワークと心の輪」を大切にします。

6.利用者への3つの「しい」、職員間では3つの「C」を意識します。

   ・「おいしい」  「うれしい」  「たのしい」

   ・Change(変革)  Challenge(挑戦)  Create(創造)

​7.在宅介護に必要なケアサービスを常にご家族とともに考えて行きます。

法人概要

 
法人概要.jpg

医療法人だいわ会

​904-1106 沖縄県うるま市石川3273番地2

098−964−6511

098−965−6643

理事長 大島 教子

1996(平成8)年4月30日

100名

入所療養介護​

短期入所療養介護​

介護予防短期入所療養介護

通所リハビリテーション

介護予防通所リハビリテーション​

訪問介護(介護保険、障害サービス)

居宅介護支援

交通アクセス

 
アクセス
Access Map

空港から車で50分

最寄りのバス停から車で10分

沖縄自動車道石川ICから車で5分